かなり今さら感がありますが、ツイッターの凍結についてです。

8月から9月にかけて、ツイッターの凍結祭がありましたね。

私はたぶん大丈夫だろと思ってたんですが、
やはり凍結されたアカウントが何個かありました。

どれもまだフォロワーが1000くらいのアカウントばかりでしたが、ショックでした。

私の師匠が、ツイッターについてはいろいろと試みをしていたので、
どういったアカウントが凍結されたのかをかなり詳しく分析されてましたが、
その分析をここで話すわけにはいかないので、わたしなりの考えを書いてみます。

要は、ツイッターのルールに違反すると凍結されるんですが、
今回は違反していないものまで連帯責任を取らされて凍結されたということらしいですね。

ツイッターが嫌うツールを使っていたアカウントが、
全部いっしょくたに凍結されたような感じです。

例えて言うなら、不良が多いと評判の中学校出身だからって、
高校入試で落とされるみたいなもんです。

評判が悪い中学校にも、普通に真面目な生徒はたくさんいるはずです。
それなのに、「ああ?あんたあの中学の生徒か。じゃ、だめー」
と言われて落とされたようなものです。

これってものすごく乱暴なことだと思いませんか?

そして「しるかよ。これからもガンガンやっていくからな?」という、
不敵な挑戦状のように思えます。
ツイッターこえー

どうせなら、「わけあってツイッター辞めることにしました。メールください」
という出会い系業者を取り締まれよーーー!!!

あの手の迷惑メッセージだけでいいから、
ああいうのを送ってくるアカウントだけを凍結してください!!!

まぁ、ツイッターの側からしたら、どんなDM送ってるのかなんて
中身までは見れないから判断付かないのかもしれないけど、
メッセージの中のメアドを感知して
メアドが書かれたメッセージを送ってくるアカウントだけ
ブロックするような機能くらいつけられるでしょ。

とりあえずは、ツールは使わずに、おとなしく様子をうかがうのがいいのでしょうか?

その答えは、師匠から聞きましたが、
ここで大っぴらに言うわけにはいかないので、気になる方はメールください(´∀`*)

こういうのがあると、ツイッターのみに頼ってるビジネスや
フェイスブックのみに頼ってたりする人は困りますね。

できれば、キャッシュポイントはいくつか持っておいたほうがいいってことですね。