動物大好き一家に育った私が選ぶ、飼いやすいペットランキング

pet

我が家はとにかく動物大好き一家で、いろんなペットを飼ってきました。
犬・猫・鳥・熱帯魚が一度にいたこともあります。

ペットって素直で正直で健気。そこにいるだけで癒されますよね。


そこで、今まで飼ったペットで飼いやすさランキングをつけてみました!
飼いやすいのと好きなのは別物ですのであしからず。

スポンサーリンク


1位 ハムスター(ジャンガリアン、ゴールデン)

ペットハムスター
 

ジャンガリアン、ゴールデンともに人懐こく、おとなしく、とにかくかわいい。
ハムスターは最初が肝心で、家に来た最初の1週間は、とにかく触らずに最低限のお世話だけしてそっとしておきましょう。
最初に怖がらせてしまうと、もう二度と懐くことはありませんw

なので、ペットショップの扱いなども注意してみておかないと、雑なところのハムちゃんは、もうすでに人間を怖がってる可能性が高く、どんなにこちらが気を付けてもなつかないまま終わってしまうことがあります。

 

2位 金魚

ペット金魚
お祭りの金魚すくいでゲットした金魚たちが、いまだに5年くらい生きてます。
赤いフナか!!というくらいでかくなり、とても丈夫w
水槽が濁ったら掃除して、毎日えさをやるだけ。
かわいくはないけどねw

 

3位 猫(雑種)

ペット猫
うちで飼ったたちは、全部捨てられてたのを拾ってきた子たちで
偶然だけど3匹ともオスでした。

 

猫は臭いもしないし、トイレのしつけも楽。てか、しつけ自体しなくても普通におとなしいし言うこともある程度聞く。

善悪の区別もついてるらしい。
最初の黒猫は、とても賢く、ドアをあけたり私を毎朝5時半に起こしてくれたり、帰ってきたら玄関まで出てきてニャーニャーお出迎えしてくれた。
次の茶トラは、めっちゃ凶暴でおバカだったけど、犬のように散歩についてくるかわいいやつでした。
最後の茶トラは、放浪癖があり、たまに2週間くらい行方不明になってガリガリになって帰ってくるというのを数回繰り返してたけど、穏やかな子でした。

 

血統書付きの猫もかわいいんだろうけど、私は捨て猫でじゅうぶん。
かわいさは何ら変わりません!

 

4位 小鳥

文鳥

ペット文鳥 この文鳥も、家の庭にいたのを保護してそのまま飼いました。
かなり人間に慣れてて、かわいかった。
ちゃんと世話してたら7年くらい生きました。
私も暇だったので、毎日一回は籠から出して部屋で放して遊んでたけど、肩の上にとまってくるのが嫌だったw
だって、視界のはしっこに文鳥のくちばしが見えて、つつかれそうで怖かったからw
つつかれたことはないけどね。

 

ボタンインコ

ペットボタンインコ なつきやすいかなと思ったら、あまりなついてくれなかった。
でも突っついたりはしなかった。
言葉を教えようとしたけど、言葉も覚えず・・・
でも大して手はかからず、うるさくもなかったので、飼いやすかったかな。

 

5位 昆虫関係(カブトムシ、クワガタ、コオロギなど)

ペットカブトムシ カブトムシは、小学生のころは毎年カゴにいた気がする。
弟がいたからね。

 

で、今は息子がいるから毎年カゴにいますね。
しかも庭の畑に幼虫がいたりして、それを捕まえてきて幼虫から育ててる。
ある日突然幼虫が外に出て来てたりしてこわいw

 

30分前まで幼虫だったのに、いきなりさなぎになってたりしてビビるw

さなぎから成虫になった瞬間は感動するけど、触ったら背中がへこんだまま戻らなくなるので触っちゃダメ。

 

コオロギは、大量に捕まえて来て昆虫ケースに入れてたら、ある日ゴキブリが紛れ込んでてトラウマにw
もうコオロギは触れません><

 

6位 犬(秋田犬、シェットランドシープドック、柴犬)

秋田犬

ペット秋田犬
秋田犬は、私が物心ついた頃にはもう老犬だったけど、とても賢く優しい犬でした。
小さな私にじゃれて飛びかかってきてよく母親に怒られてたなぁw
めちゃくちゃ食べるので、貧乏な我が家はドッグフードではなくご飯の残りをあげてたみたいです。

 

シェットランドシープドッグ

ペットシェットランド シェットランドシープドックは、コリーを小型にしたやつね。瞳がめちゃくちゃかわいく、ちゃんということを聞くお利口さんだった。
でも落ち着きがない。とにかく動き回る。散歩に行ってもまっすぐ歩かない。
怒った時だけ言うことを聞くけどまたすぐわき道にそれる・・・
遊んで遊んでが激しい。

 

柴犬

ペット柴犬 柴犬が一番気性が荒かった。
知らない人には歯をむき出してめちゃくちゃ吠える。番犬にはもってこいです。
臭くないし、家族を守ろうと必死になってくれてとても健気。
家族には、ちぎれそうなくらいしっぽを振り、耳をふせて喜ぶ。

 

犬はとにかく、大人になっても遊んでほしがるし、毎日の散歩が大変!!
散歩させないとかわいそうなので、雨の日でも散歩はしてあげないといけない。
賢い動物なので、ちゃんとしつけないと人間をなめきってしまうので、しつけも大変。
ポイントは、呼んだらちゃんとこっちを振り向いて目を見るようにさせること。

 

それさえできれば、あとは楽な気がする。
おすわりとかお手とかはどうでもいい。
とにかく、呼んだらこっちを見るように、最初はご褒美のクッキーとかあげながらしつけないとダメ。

 

動物は生き物です。ぬいぐるみではありません。

かわいいからって飼って飽きたらほったらかしってわけにはいきません。
ペットショップで一目ぼれして飼う前に、責任もって自分でも飼えるかどうかをしっかり見極めて飼ってくださいね。

 

猫や犬は、保健所の譲渡会などでもらって来たら、殺処分される子を救うことができます。
ペットショップに行く前に、一度覗いてみてはどうでしょう?

お住まいの役場に行くと、譲渡会の案内とか貼ってありますよ。

 

ペットを飼う以上、別れはつきもの。
辛い別れを経験したら読んでほしい記事⇒ ペットロスの辛さを少しでも和らげるために

 

pet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

ABOUTこの記事をかいた人

りりちこです。福岡在住の主婦で、2児の母です♪ webデザインやネットビジネスでお小遣い稼ぎをしており、稼ぎたい方のサポートもしてます。 詳しいプロフィールはこちらから!