売れるキャッチコピーの作り方

この記事では、売れるキャッチコピーの作り方についてご説明します。

キャッチコピーは広告やマーケティングにおいて非常に重要な役割を果たします。

広告やマーケティングにおいてキャッチコピーが重要な理由

ファーストビュー は最初の2秒がキモ!読み手の注意を引きつける

webサイトを訪れる人は、とにかくゆっくりと文章を読んで意図を理解しようとはしてくれません。目に入ってきた最初の2秒でその先を読むか読まないか決めます。だから、ファーストビュー のキャッチコピーは、最初の2秒で商品やサービスに対する読み手の注意を強力に引きつけるものでないといけません。

ブランドイメージを形成する

キャッチコピーは、ブランドイメージを形成するために重要です。良いキャッチコピーは、読み手に商品やサービスの印象を与え、ブランドイメージをより強固にすることができます。また、キャッチコピーはブランドのメッセージを伝えるための重要な手段でもあります。

読み手に強い印象を与える

キャッチコピーは、読み手に強い印象を与えることができます。鮮烈な印象を与えるキャッチコピーは、読み手に長く記憶され、ブランドの認知度や知名度を高めることができます。

読み手を説得する

キャッチコピーは、読み手を説得するために重要です。購買意欲を高めるキャッチコピーは、読み手に商品やサービスを購入する意欲を与えることができます。また、キャッチコピーは、商品やサービスの魅力を伝え、読み手を説得するための手段としても活用されます。

以上のように、キャッチコピーはとても重要です。特にWEBサイトはほとんどの人がスマホから見ています。スマホで見る人の7割は移動中に見るというデータがあります。ということは、ゆっくりと見てる暇はないということ。だいたいの人は流し読みしかしません。

一瞬で強烈に興味を引く魅力的なキャッチコピーは、そんな忙しい人たちにも届きやすいのです。

キャッチコピー作成の手順について

ターゲットを明確にする

キャッチコピーを作る前に、商品やサービスを誰に向けて提供するかを明確にする必要があります。ターゲットを明確にすることで、その人たちがどのような価値観を持ち、どのようなニーズを持っているかをリサーチします。それに基づいて、キャッチコピーを作成することが重要です。自分の思い込みでターゲットのニーズを決めるのはとても危険です。まずはターゲットを絞り込んで、リサーチしましょう。

ターゲットを絞り込みましょうと言うと、「30代女性」みたいな答えが返ってくることが多いのですが、同じ30代女性でも「フルタイムで働く2時の母」と「お金持ちの専業主婦」では趣味趣向が違います。惹かれるワードや雰囲気も違います。その人の年齢、性別、経済状況、既婚か未婚か、子供、住んでる場所 くらいは絞り込んだ方が、いいキャッチコピーができます。

唯一無二の価値を見つける

競合他社との差別化が必要です。自社の商品やサービスが他社と比較してどのような突出した価値を持っているかを明確にしましょう。その突出した価値がターゲットに与えるベネフィットをキャッチコピーに盛り込むことが大切です。

簡潔に伝える

キャッチコピーは簡潔であることが大切です。読み手が簡単に理解できるように、単純でわかりやすい言葉を使用することが必要です。WEBでは最初の2秒が大事です。ユーザーは2秒でその先を見るか見ないかを判断します。人が2秒で判断できる文字数は15文字が限界だと言われています。15文字以内の短い文章が最大限の効果を発揮するように努めないといけません。

読み手の心をつかむ

キャッチコピーは、読み手の心をつかむことが大切です。何かを売り込むだけでなく、読み手の共感や興味を引くようなキャッチコピーを作成することが重要です。そのためには、強烈なベネフィットを見せること、そしてユーザーが感じるであろう不安や問題を解決するような言提案をすることが必要です。

以上のように、キャッチコピーを作る手順には、ターゲットの明確化、唯一無二の価値の発見、簡潔な表現、読み手の心をつかむという重要なポイントがあります。

売れるキャッチコピーってどんなもの?

ターゲットを明確にする

キャッチコピーの中でターゲットを明確にすると、自分に言われていることに気付きやすいですね。例えば、「30代の賃貸マンションに住む主婦のための〜」や、「初めて車を購入する方へ」など、対象を明確にしたキャッチコピーは、訴求効果を高めることができます。

商品やサービスのメリットを明確にする

キャッチコピーは、商品やサービスのメリットを明確に伝えることが重要です。ユーザーが商品やサービスを購入するメリットや価値を理解できるように、具体的な言葉を使用することが必要です。例えば、「1食置き換えダイエットでマイナス10キロ」というように、明確な利点を伝えることで、成約率を上げることができます。

ベネフィットを見せる

ベネフィットとは、商品やサービスによって得られる利益や価値のことを指します。メリットは商品そのものの価値。ベネフィットは商品によって得られる嬉しい未来。例えば、ダイエットだったら、「1日〇〇するだけの簡単ダイエット」というのはメリット。「簡単ダイエットでキレイに痩せてビキニを着よう」というのはベネフィット。人はベネフィットを見せられた方が、より大きく心が動きます。

ユーザーの問題を解決する

例えば、「XXの悩みを一瞬で解決する方法!」など、この商品なら問題が解決できることをストレートに表現します。読み手の問題を解決することができるというメッセージは、悩んでいる人に対して訴求力が高く、成約率を上げることができます。「ヘッドマッサージで頭皮の問題を一瞬で解決」「しぶとい汚れをこれ1本で解決」など。

簡潔でわかりやすい

ネットユーザーはじっくり文字を読んでくれません。特にスマホで見る人は移動中が多く、2秒くらいの間に見るべきものかどうかを判断して、その先を読むか読まないかを決めます。2秒間に判別できる文字数は15文字程度です。なのでなるべく短くわかりやすいコピーにしましょう。

 

キャッチコピーを魅力的に見せるテクニック

限定性・緊急性を与える

キャッチコピーに緊急感を与えることは、読み手の購買意欲を高めるために非常に重要です。緊急感を与えるキャッチコピーは、商品やサービスを購入する理由を強調し、読み手に商品やサービスを購入する必要性を感じさせることができます。

緊急感を与えるキャッチコピーの代表的な手法には、以下のようなものがあります。

  1. 期限を設ける
    キャッチコピーに「期間限定」や「数量限定」といった言葉を加えることで、読み手に緊急感を与えることができます。例えば、「今すぐ申し込めば、期間限定で割引価格に!」といったキャッチコピーは、読み手に商品やサービスを購入する必要性を感じさせることができます。

  2. 急ぐ必要性を示す
    キャッチコピーに「今すぐ」といった言葉を加えることで、読み手に急ぐ必要性を示すことができます。例えば、「今すぐこのチャンスを逃すな!」といったキャッチコピーは、読み手に商品やサービスを購入する必要性を感じさせ、購買意欲を高めることができます。

  3. 優待特典を与える
    キャッチコピーに「限定特典付き」といった言葉を加えることで、読み手に優遇されることを示し、購買意欲を高めることができます。例えば、「今なら特別にXXがもらえる!」といったキャッチコピーは、読み手に優遇されることを示し、商品やサービスを購入する必要性を感じさせることができます。

数字を使う

数字は抽象的な概念よりも具体的で覚えやすく、頭に残りやすいとされています。例えば、「5分でできる簡単なストレッチで健康的な生活を送ろう!」というキャッチコピーは、「簡単なストレッチで健康的な生活を送ろう!」というよりも、具体的でより説得力が増し、覚えやすくなります。

また、数字は客観的であり、客観的なデータや統計に基づいていることが多いため、信頼性を高める効果があります。例えば「90%以上のお客様が満足しています!」というキャッチコピーは、客観的なデータに基づいているため、消費者に対して信頼性が高いと認識されやすくなります。

そして数字は情報を簡潔に伝えることができます。例えば、「50%OFF!」というキャッチコピーは、商品の価格が半額になることを簡潔に伝えます。数字を使うことで、より効率的に情報を伝えることができます。

数字を使う時は、より具体的なほうが効果的です。たとえば、「9割の人がリピートしてます」より「10人中9人がリピートする商品」のほうがいいし、「1日500個売れる饅頭」より「15秒に1個売れる饅頭」のほうが、目を引きます。

驚きを与える

キャッチコピーに「驚きを与える」ことは、商品やサービスを印象的に表現するために非常に効果的な手法の一つです。驚きを与えるキャッチコピーは、記憶に残りやすく、商品やサービスを他社との差別化することができます。

驚きを与えるキャッチコピーを作成するためには、以下のような方法があります。

  1. 世界初や日本初をアピールする
    商品やサービスが世界初のものであったり、日本初のものである場合、それをキャッチコピーに取り入れることで驚きを与えることができます。例えば、「世界初!驚異の○○システムを搭載!」といったキャッチコピーは、読み手に商品やサービスの新しさや革新性を印象づけることができます。

  2. 想像を超える表現をする
    キャッチコピーに、一般的な表現を超えた言葉を取り入れることで驚きを与えることができます。例えば、「想像を超えたXX体験!」といったキャッチコピーは、読み手に特別な体験を提供することをアピールし、驚きを与えることができます。

  3. 上記の他にも、「必見!」「意外な」「大注目」「噂の」「まさかの」「最強の」「!?(感嘆符・疑問符)」などのパワーワードを使うことで、印象に残すことができます。

驚きを与えるキャッチコピーは、商品やサービスを印象的に表現することができ、読み手に商品やサービスを記憶してもらうことができます。また、驚きを与えることで、商品やサービスを他社との差別化し、顧客の興味を引くことができるため、成約率の向上にもつながります。ただし、誇張や虚偽の表現を避け、正確な情報を提供することが大切です。

キャッチコピーを改善すると、成約率、つまり売り上げが上がります。webサイトのヘッダー、広告の見出し、メルマガのタイトル、チラシのヘッドラインなど、一番最初にユーザーが目にするところを、強力なキャッチコピーにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =