コピーライティングにおけるPPCの法則って知ってる?

私はランディングページやサイトデザインをメインの仕事としていますが

ランディングページを作る際、常に意識しているのが
PPCの法則です。

PPC広告とは違うので、間違わないくださいね。
PPC広告は「PayParClick」の略です。

今回お話しするのは
Promise (約束)
Proof (証拠、明)
Call to action (行動の呼びかけ)


この 3つです。これを PPCの法則と呼びます。

簡単に言えば、信頼を勝ち取ることよって成約結び付るということです。

順を追って説明します。

Promise◆約束

「この商品を買えば、あなたの願い(欲求)は叶いますよ」
と約束します。

例えば、
「このサプリを飲めば絶対痩せますよ 」
「この方法で稼げますよ 」
「このノウハでモテになります 」
「この塾に行けば成績アップします」

でもこれだけとかなり胡散臭いすね。
まただそうとしてるでょ~と、不信感を持ってしまいいす。

そこで証拠が必要になってきます。

Proof◆証拠

約束は本当ですよ!という証拠を提示します。

お客様の声とか、
売上記録とかダイエットのビフォーアフターの写真とか。
その業界で有名な人から推薦というのも、効果があります。
「あの人とつながりるなら大丈夫そう」
「あんな有名人が言うなら信用できるんじゃないか」
となります。

著名人の力は思った以上に強いです。
レターを見てる人って、 少なからずその商品に興味があり
半信半疑だけど、 信じられるなにかを探しながら読んでいるものです。

そこにちゃんとした証拠が明示されていら、
信頼と安心感が生まれ、一気に購入へ気持ちが動きます。

 

そこでしなければいのは、行動の呼びかけです。

Call to action◆行動の呼びかけ

今すぐ購入を!!と呼びかけるわけです。
でもただ呼びかけるではいません。

お客様はその情報だけを聞いて、ほかで購入するもしれないから。

いますぐあなたから買わければ損する
という理由を伝えなければいけません。

一番いのは限定性を出すことです。

「この金額で販売きるは○名様分だけです」
「○日まで、特典が付きます」
「サポートできる人数には限りがあります」
と いうこをしっかり示してください。

 

ここで 一番大事なのは、真ん中のProof(証拠)です。
これが抜けている人意外と多いです。

証拠がなければ、見ず知らずのあなたのことなんか信頼してもらえません。
しらないあなたに「3か月以内で絶対稼げます!!」
なんて根拠もく言われても、誰も信じません。

絶対稼げるという約束よりも、証拠のほが数倍効力があります。

証拠を提示することは最後の一押しなんです。

 

ランディングページというものは、
1枚でこのすべてを表現しなければいけません。

ライティングまで頼まれることは少ないけど
渡された原稿は、必ずこのPPCの法則に当てはめてみます。

そして、足りないところがあれば
これを足してくださいっていうことを意見しています。

LPというのは、登録率を上げるために作るものなので
頼まれた通りのものを作るより、
効果の高いものを作るのが仕事だと思うので。

 

みなさんも意識してみてくださいね。

 

役に立ったと思ったら、応援してね!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りりちこです。福岡在住の主婦で、2児の母です♪ webデザインやネットビジネスでお小遣い稼ぎをしており、稼ぎたい方のサポートもしてます。 詳しいプロフィールはこちらから!