コピーライティングで最も大事なことは
ターゲットを明確にすることです。

これができていないと、売れる文章は作れません。

 

文章は、誰かにメッセージを送るためにあります。
ですので、その「誰か」を明確にしないといけないのです。

例えば、抜け毛で悩んでいる人がいるとします。←私(笑)

40代男性の抜け毛と
円形脱毛症の抜け毛では、
悩みも違うだろうし、原因も解決法も違うはずです。

円形脱毛症で悩む人に、男性特有の抜け毛で悩む人に向けて書いた
文章を発信しても、何も反応はありません。

 

ターゲットを決めずに、「みんな」に向けてメッセージを送っても
誰からも共感されないし、読まれないんです。

 

誰にでもわかる文章は、誰にもメッセージを発信していないのと一緒です。

ターゲットがはっきりしたら、
こんどはそのターゲット(お客様)のためにコピーライティングします。

 

その商品の凄さをたくさん書きたいのはわかりますが
こちらが伝えたいことが、必ずしもお客様の知りたい情報というわけではありません。

お客様の立場に立って、何が一番知りたいのかを考えてください。

 

例えば抜け毛で悩むお客様だったら、知りたいのは

「どれくらいの期間で効果が現れるのか」
「どれくらいの人に効果があったのか」
「実際の使用者の声」

だと思うんです。

「その商品にはどんなすごい成分の物質が含まれているか」とか
「研究・開発に何年かかったか」とか
「その商品が効くメカニズム」

などの情報は、ほとんどの人が興味ないんです。

 

もちろん、科学的根拠が欲しい人もいると思いますが。

お客様が求めているニーズは何か。
それを明確にして、コピーを書かないといけません。

 

しつこい性格なので何度も言いますが
書けるだけ情報を詰め込んでも、読まれませんのでご注意ください。

お客様が何を求めているのか、それぞれの分野で違うので
売れている商品のコピーを見て、研究するのが手っ取り早いですよ。