【LP制作事例】女性向けランディングページ

だいぶ放置気味のブログですが、たまには制作したものの紹介などをしていこうと思います。

こちらはMIHARUの乳酸菌のランディングページ。
top
事情があって、大々的に公式のものとして出すLPではないため、こちらでもこっそりと紹介しますw

 

「元気になれる」「美容」「きれいになる」がLPのコンセプトだったので
元気になれる色、オレンジをメインカラーにしました。
オレンジがメインカラーだからって、オレンジを使いすぎるとオレンジの良さが引き立たないので、要所要所で使用してます。

 

フォントもカクカクしたゴシック体がメインだとイメージと合わなくなってしまうので、トップイメージでは明朝体を、でも全部明朝体だと視認性が悪いので読みやすく女性が好む丸っこいゴシック体を使用しました。


スポンサーリンク
 

薬事法などがいろいろと厳しく、この手のLPって「痩せる」とか「改善する」とか「治る」とかいう言葉がつかえません。

 

薬事法とは、正式名称は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といい、
医薬品や医療機器などの運用を定めるものです。
化粧品・医薬部外品・医薬品・医療機器が薬事法の管理下にあります。

 

だから、医薬品ではない健康食品や化粧品、医薬部外品の広告では
本来、薬でしか治らないものを「〇〇が治る」などの煽り文句につられて医薬部外品で代用し、適切な医薬品や医療機器を使った治療を行わないことを避けるために
表現方法に厳しい規制が入ります。

 

「効果がある」というような表現はNG!
効能効果の範囲を逸脱し、医薬品と誤認される恐れがあるそうです。

 

例えばMIHARUの乳酸菌は、便秘解消にめっちゃ効果があるんだけど(個人のブログではどんな表現を使ってもOK!!!)
医薬品ではないため、ストレートな表現ができない!!
なんとももどかしい気分です。

 

なので、実際にいただいた「お客様の声」で効果を表現しようということになりました。
実際は、お客様の体験談でも、ダメな表現はダメなんだけどね。

 

公式のLPではないけど、一応、薬事法に抵触した表現(便秘が解消した!など)は避けました。

 

あと、コンバージョン率が少しでも上がるように、スマホで見たときはボタンを画面下部に固定しました!

 

女性らしいデザインの制作はキレイな素材ばかり使えるので、やっぱり楽しいです!

このLPを解析しながら、改善を加えていこうと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りりちこです。福岡在住の主婦で、2児の母です♪ webデザインやネットビジネスでお小遣い稼ぎをしており、稼ぎたい方のサポートもしてます。 詳しいプロフィールはこちらから!