レスポンスが早い人は仕事ができる人


最近、ほんとにほんとに反省していることがあります。

それは、「レスポンス」についてです。

 

自分のことながら、忙しくなってきたので余裕がないのはわかる。
納期までに仕上げたいからそのことだけに集中したいし。

 

でも例えばこういうことが結構あるんです。
 
あるメッセージに早く返事しなければと思ってパソコンを開いたら、別件でメッセージが来てて、その対応をしてたらすっかり返事のことが頭からこぼれ落ちてて
急ぎの仕事のことを思い出してそっちに取り掛かってたら翌日になってて、返事のことをハッと思い出したものの
メールボックスを見たら大事そうなメールが来てて、そっちを開いてしまう・・・・

 

ADHDグレーゾーンの頭の中は、いつも散らかってて
優先順位とかタスク管理とか、手帳に書いてないと忘れてしまいます。
手帳に書いてることでさえこの調子なので、制作の仕事やコンサルの仕事をしてるときは、とりあえずそのことに集中して、その他の返事や対応は後回しにすることにしてたんです。

 

 

でもこのレスポンスの遅さは、相手にめちゃくちゃ失礼だし、ものすごくマイナスイメージを与えていることにやっと気付きました。
いや、頭ではわかってたけど甘えてた。

 


そのことに気付けたのは、ほかの人のレスポンスの遅さのせいで、待たされ、お客様に迷惑をかけ、無駄な時間を過ごすということが何度かあったからです。

 

というのも、私もようやく外注を使えるくらいになってきて、人に仕事を頼むことが増えてきたんだけど
待てど暮らせど連絡してこない人に、ほんとに困ってるんです!

 

極端な話、レスポンス早い人は、仕事もできる。
遅い人は仕事も遅く、能力も低いってことが多い。

 

思えば、普段から交流のある人たちのなかでも、できる部類の人たちは例えそれが仕事の話でないとしても、レスポンスがとても早いです。
いかに早く返事を返すかを常に意識しているんだろうなって感じます。
だって、ほんとにいつも早いから。

 

私もレスポンスが遅いうちは仕事ができない人間ってことです。

 

最近特に仕事量が増えて、いろんなメッセージのチェックを忘れるようになりました。
mail
 


メールもyahoo、 gmail、 ドメインの独自メールと3種類あり、そのほかにもチャットワーク、フェイスブック、スカイプ、ラインでやり取りしてるので、必ずどこかに漏れが出てしまうんです。

 

常にどこからか連絡があるんじゃないかって意識しておくことが大事ですね。

 

レスポンスは早ければ早いほどいい!!

 

早ければ相手を待たせることもなく、相手に無駄な時間を過ごさせることもなくて済む。

 

恋愛なら、ラインやメールに即返事したら必死だと思われてしまう~なんて駆け引きがあるかもしれない。
でも仕事にそんな駆け引きはいらない!!

 

レスポンスを早くする方法を考えてみたけど、自分が意識するしかないんですよね。

 

パソコンに付箋を貼ってたとしても、それを見るのを忘れるからw

 

私が返事をしないことによって、相手が困ってる・迷惑してるって意識を常に持っていようと思います。

 
今回は、自分への戒めとしてこの反省記事を書きましたw

 

読んでくださってありがとうございます!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です