スマホ対応されてないランディングページが多すぎて驚いた

ここしばらく、制作の仕事でいっぱいいっぱいだったので、ブログ更新は久しぶりです。

久しぶりの記事に何を書こう・・・って、やっぱり一発目はランディングページのことを書こうと思います。

 

この2週間ほどでランディングページも何個か作ったんですが、制作する際に似通ったものにならないように、いろんなLPを見ることにしています。

 

で、Responsive Checker でスマホで見たときどんな感じなのかを必ずチェックするんですが

もうね、ビックリするくらいほとんどのランディングページがレスポンシブ対応されていませんでした。

 

制作会社のサイトを見ると、登録率の高いランディングページ作ります!とかガンガン問い合わせが増えるLPを制作!!とか声高に謳ってるんだけど・・・
それならなんでスマホ対応しないの??と疑問に思います。

 

今やサイトやLPはスマホからのユーザーがほとんどです。

特にリスティング広告で出してるLPは、8割がたスマホからのアクセスだと思っていいです。

なのに、DHC
dhc
ライオン
02
ポーラ
pola
そしてゴールデンボンバーコラボのストライド(ガム)も!!
04 樽美酒が切れてる~(泣)

 

このLP好きなんだけどなぁ。LPはこちら
スマホ対応されてたら嬉しかったんだけど、残念です。

 

サイトを作るためのテンプレやツール、あとワードプレスなどのCMSは、こちらが意図せずともちゃんとスマホ対応してくれてるので、あえてスマホ対応にするための努力は必要なかったりするから、スマホ対応されてるところが多い。

 

でもLPはテンプレを使わずにオリジナルで作ってるものが多いからか、スマホのことなんて全然考えられてないものが多くて、本当に残念に思います。

 

というか、この前知り合いのデザイナーさんに頼まれて、LP制作のお手伝いをしたんですが、
私がやたらとスマホ対応にこだわるので
「めっちゃスマホ対応に一生懸命なんですね」と驚かれました。

 

当然のことだと思うんだけど、その方は普通にスマホ対応してないみたいです。

 

作る側としては楽だと思うけど、きちんとスマホ対応することで機会損失を大幅に防ぐことができます。
コンバージョン率を上げたかったら、ヘッダー画像やキャッチコピーを変えるよりもまずは絶対にスマホ対応するべきです。

 

でもまぁ、こんなにまだスマホ対応されてないLPが多いってことは、私にとってはブルーオーシャン!!

営業のしがいがあるってもんです!
スマホ対応だけでしばらく仕事が尽きることはなさそう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です