感動!ボディトークを体験してきました!

bodytalk2

いま、私のコンサル生に勉強をかねてお客様のランディングページを作ってもらってます。

そのお客様というのは樋渡旭さん

ボディトークアクセストレーナーです。
さわやかイケメン♥♥
bodytalk3 ⇒樋渡さんのブログはこちら

 

ボディトークとは?

ボディトークって、なに!?と思われるかもしれません。

私もよくわかってませんでした。

そんなボディトーク初心者の私に、樋渡さんが素敵な計らいをしてくださいました♥♥

 

樋渡さんのボディトーク仲間の福田康宏さんという方が、北海道からはるばる福岡に来られるらしく
施術をしていただけるように手配してくれたんです!

どんなことをしてもらえるのかよくわからないまま、当日を楽しみにしていました。

 

で、LPの件もあったのでボディトークについていろいろと調べてたんです。
するとこんな効果があると書かれてました。

頭痛・肩こり・腰痛・不眠・慢性疲労・アレルギー・アトピー・感染症・内臓障害・関節炎・不妊
情緒障害・学習障害・多動性障害・恐怖症・PTSD・うつ

 

おお!!
学習障害!!
息子は学習障害というほどじゃないけど、ADHDじゃないかっていうくらい忘れっぽく注意力散漫。

 

これはもう、私じゃなく息子を施術してもらおうと、私の直感がビリビリ来たんです。
もしかしたら猫背も治るかもしれない(笑)
そこで福田さんに相談たところ
快くOKしてくださったばかりか、わたしと息子、一緒に施術してくださるとのこと。

 

やったー!!

 

当日、ちょうど部活が休みだった息子と二人で伺いました。

 

手首を握っただけで・・・

福田さんは、とても話しやすい気さくな方でした。

最初にボディトークの概念的なことを話してくれたんですが
体に語りかけて、体が答えを出してくれる
簡単に言うとそんな感じです。

って簡単に言いすぎましたね。

体のいろんな不調は外的要因によるものが多く、それが体が本来持っている自然治癒力を邪魔してるのだとか。
そこで体のあらゆる要素に働きかけることで自然治癒力を引き出してくれる。
それがボディトークです。

 

それだけ聞くと、なんか怪しげな感じがしたんですが
その怪しさは一瞬で消えました。

 

息子をベッドに寝かせて手首を握った福田さんはしばらく息子の体に語り掛けているようでした。

で、ふいに私に「生まれたとき、なにかありましたか?」と聞いたんです。

 

正直、びっくりしました。

息子は臍帯が首に巻きついてるうえに羊水がめちゃくちゃ少なくなっていて、切迫早産で生まれました。
生まれたとき、一瞬泣き声が聞こえませんでした。

 

数秒後に小さな小さな産声が聞こえ、無事に出産できたんですが
そのときの母子手帳に
「出産時仮死」と書かれてたんです。
bodytalk1
 

私は「仮死!?でもちゃんと生まれてくれたから仮死なんて間違いだよね」と、仮死について深く考えないようにしてたんです。

でも、福田さんから「仮死状態でしたか?」と聞かれて、母子手帳に書かれてた「仮死」という文字を思い出したんです。

 

通常、仮死状態で生まれた子供は、病院の先生が何らかの刺激を与えて泣かせるそうです。
福田さんが言うには、おそらくそのとき、背中かどこかを叩かれたのだとか。
そのときの痛みが頭蓋骨のある部分を委縮させてしまった。
そして直前の記憶をためておく脳の海馬というところとほかの部分のコミュニケーションが取りづらい状態になってしまってて、忘れっぽさの原因になってるとのこと。

(あまり正確には覚えてませんがwww)

 

でも出産のトラブルが子供の人生に影響を与えてしまうことを知り、絶句してしまいました。

 

出産を甘く見ちゃいけない。

私は出産を軽く考えてた。重いものを持ったり暴飲暴食したり逆になにも食べなかったり、体に無理をかけてた。
そんな私の不注意が、生まれたばかりの息子に大きな影響を与えるほど痛い思いをさせてしまった。

 

そう思うと息子に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

「お母さんのせいじゃありませんよ」という言葉に、泣きそうになったのは言うまでもありません。

 

家庭内不協和音が子供の体に影響を・・・

家庭内がぎくしゃくしてたことも当てられてしまいました。

 

数年前、まさに私がwebデザインの仕事をしようと頑張り始めたきっかけになったのは、旦那とうまくいかなくなって離婚を考え始めたからでした。

 

息子も娘も私のことが大好きで、「お母さんが一番好き!!」と言ってくれてたし、私もこの上ないくらい子供たちを愛してたので、離婚しても平気だと思ってました。
母親一人だけでも思いっきり愛情を注げばいいと。
心配なのは経済面だけだと。

 

けど福田さんが言うには、息子はそんな家庭内の不穏な空気を感じ取ってたらしく、とても不安だったようです。
片親だけでも幸せな子供たちも、もちろんいるけど、息子には「家族」が必要。なによりも家族が全員一緒にいることが大事だったようです。
そんな大事な大事な家族が壊れようとしていることが心臓に影響を与えてしまってて、自分を支えてくれる軸がない状態が猫背を招いていたということでした。

 

今、私も仕事が取れるようになって、自分の人生がとても楽しく豊かなものになってきたと同時に、旦那との関係も劇的によくなりました。
家庭もあったかくて楽しい場所に戻りました。

だから子供たちに家庭に対する不安はないと思うけど、当時の不安が体に影響を与えたままになってるらしい。

その修復もしてもらいました。

 

ほかにも、小さいころからお腹を壊しやすかったことや呼吸器系が弱いことを指摘されました。
それらのことには必ず原因があり、それを治す方法は体自身が知ってるそうです。
その手助けをしてくれるのがボディトークなんですね。

 

もちろん、息子の不調も福田さんに修復してもらいました。

 

目に見えることではないので、信用できない人もいるかもしれないけど、実際に体験した私と息子はほんとにビックリしました。

 

こんなにわかるものなんだって。
体は全部記憶してるんですね。

 

なるべくなら、幸せな環境で子供を産み、育てたいけど、どんな子でも、もちろん大人でも、どうしてもなんらかの負担がかかってしまってると思う。
そのことで体に不調が出ていたとしても、修復する方法は体自身がちゃんと知ってる。
その声をきいてその通りに処置してくれるのがボディトークのトレーナーなんですね。

 

不調なところやその人の状況を言い当てることなら占い師にもできるけど、実際に改善してくれるボディトークってすごいなって思いました。

 

とてもいい体験をさせていただきました。
福田さん、樋渡さん、ありがとうございました!

 

そしてしょうたろう、生まれてきてくれてありがとう。
こんなにかわいいのに、辛い思いをさせてしまってごめんね。
大切な大切な宝物だから、あなたがいくつになっても、おっさんになっても、おかあさんはずっと愛してるよ~~

bodytalk4

bodytalk2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

ABOUTこの記事をかいた人

りりちこです。福岡在住の主婦で、2児の母です♪ webデザインやネットビジネスでお小遣い稼ぎをしており、稼ぎたい方のサポートもしてます。 詳しいプロフィールはこちらから!