雑誌や社内報、サイトなどで文章を読みやすい段組みや改行にするには?

文章って、どれだけ面白い文章でもためになる文章でも、読みやすい文字数があります。

 

制作者としては、せっかくなら読みやすい文字数や段組みにこだわりたい。

私は最近紙媒体の制作案件が増えてまして、文字数や段組みにはだいぶ気を遣っています。

 

雑誌や社内報などの読み物の場合、1行にだいたい20文字くらいが読みやすいみたい。

 

こちらは悪い例です。
(この記事のために作ったものなので、文章はめちゃくちゃですww)

1行に40~50文字も入ってます。
これは読み辛い!!

 

ではこちらはどうでしょう?

こんな風に20文字くらいで区切ると、ぐっと読みやすくなります。

 

活字を読みなれてる人でも、1行の文字数を少なくすることでぐっと読むスピードが上がるのではないでしょうか。

 

少なくとも私は1行に50文字くらいあったらものすごく疲れますw

 

ネット上の1行当たりの文字数の調整は?

ではネット上ではどうでしょう?

私はスマホで見た時のことも考えて、今でこそ1行に1文書いてますが、ブログを始めたばかりの時は、読みやすくするために15文字くらいで改行を入れていました。

 

でもそれだと、スマホで見た時に1文字だけ残ったりする。
こんな感じ

これは嫌ですねw

 

自分のブログだと、1文を全部載せてしまうけど、お客様のLPなどのWEB制作物の場合、最近では魔法のタグを入れてPCだと改行するけどスマホだと改行されないように設定しています。

 

そのタグとは、<BR>のタグに、クラス名を付けて<BR CRASS=”PC”>

そのクラス名にスマホでは改行しませんという指示を与えるだけ!(魔法でも何でもない)

 

 

BRのタグ自体にこの設定をしてしまうと、すべての改行が無効になってしまうので、スマホでは改行したくないところにだけこれを入れます。

 

コンテンツ幅を狭くしてしまう

とてもうまいやり方だなと思ったのは、糸井重里さんの「ほぼ日刊トイ新聞」

ここは、コンテンツ幅自体を狭くして、だいたい20文字くらいしか入らないようにしてる。

 

絶対に1文字残し状態にならないわけではないけど、まずパソコンで見た時にも読みやすく、スマホで見た時も変な改行がされにくい!ていうかこのサイト、スマホ対応されてないのかなw

 

「ほぼ日刊」というコンセプトにも合ってますね。
毎日読むものだったら、だらだら長いコラムとか読みたくないもん。

 

読みやすいデザインで、読みやすいボリュームで。

 

紙媒体の読み物にしても、ネット上の読み物にしても、読者目線で読みやすさを考えることがとっても大事です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りりちこです。福岡在住2児の母です♪ web制作をしてます。またwebデザインで仕事をしたい方のサポートもしてます。 目まぐるしく変化していくWebの世界で生き残っていくために、日々インプットアウトプットを繰り返しています。