絶叫したいくらい恥ずかしい経験をしたことがありますか?

恥に時効があるならどんなに心が楽になるだろう・・・

でもたとえ時効があったとしても、恥ずかしい思い出は、一生私を苦しめ続ける。

 

先日、さとちゃんのこの記事「阿部が招いた悲劇」を見て、一気に忌まわしい記憶がよみがえってきました。


うっかり者ならではのうっかりやらかした系の最強の自爆テロです。

思い出しただけでも「ぎゃああああああ!!!!」と叫んで走り去ってしまいたいw

 

 

あれは社会人になって2年目くらいのことでした。

 

大学時代からアルバイトしてた、ITのはしりだった会社でそのまま社員として雇ってもらうことになり
インターネットのショールーム受付やワード・エクセル・パワポの講師、それにサイト作成の仕事をしてました。

 

誤解のないように言っときますが、講師と言っても全然たいしたことはありません。
社長が「人より少しでも知識があるなら先生になれる!!」という強気な人で、強引に講師として放り込まれただけです。

 

でも仕事に慣れてくると、合理的なAB型ふたご座の私は、与えられた仕事を数時間でサッと終わらせて、余った時間は雑誌を読んだり昼寝したりと自由に満喫するように。
ダメ社員ぶりを存分に発揮しはじめたんですね。

 

自分の仕事はちゃんとやってるんだからいいじゃんという思考です。

 

幸い、福岡支社には私と営業の男性2名の3名だけ。

男性陣は昼間は営業に行ってしまい、一人きりだったので、ほんとにフリーダムでした。

 

分厚いファイルにタオルを敷き、枕にして昼寝w

で、たまにananの占い特集や恋愛特集を読むという、お前会社に何しにきてんだ状態でした。

 

でも遂に、そんな私に天誅が下る日が来たのです!!

 

いつものように、サイト作成の打ち合わせのあと、チャチャッと仕事を終わらせananを読みだした私。

ちょうど、「男を落とすテクニック」みたいな特集をやってました。

 

当時、甘えるのが下手で、かわいげがまったくなかった私は、自分から気持ちを伝えるのも下手で
自分から好きになった人と付き合ったことがほぼほぼなかったんですね。

 

向こうから言われて付き合ってた人はいたけど、何となく付き合ってるのでなおさらかわいく振舞えない。
やっぱり私から好きになった人と付き合いたい!
愛されるよりも愛したいマジで!!!

 

そんな気持ちで、男を落とすテクニックを真剣に見てたんですね。

 

そしたらやっぱり
かわいげのある女でないといけないと書いてある。
でもどうすればかわいくなれるとね!?

 

必死な私はメモを取り、絶対かわいい女になるぞと誓いました。

 

しかし翌日にはもうすっかりそのことを忘れていた私。

 

メモを無造作にクリアファイルの中にでも入れてたんでしょうね。
なんのファイルか確認もせずに。

 

そしてその恥ずかしいメモ入りクリアファイルは本社便のファイルだったんですね。
そのままうっかり本社へ郵送。

 

しかし全く気付かない私。

 

おっさん
男を落とすんじゃないのか?

 

そして月末の会議の時、大阪の本社に行った私に
お局様が表情を変えずに「これ、入ってたで」
あのメモを渡してきました。

 

そ、それはっ!!?

zekkyo
「のあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」

 

心の中で大絶叫です。

 

メモを小さく小さく折りたたみ、カバンの底にぶち込み、お局様が記憶障害になることを念じました。

 

 

ちなみに、「男を落とすテクニック」ですが、どんなテクニックだったのかと言うと

・二人だけの秘密を持つ
・軽くボディタッチする
・押したり引いたりする

 

たぶん、そういう内容のことを10項目くらい書いてたと思います。
いま考えてみると、どんなにすごいテクニックでも相手の好みのタイプでなければダメだよねw

 

頭で考えるよりも、素直に気持ちを伝えるのが一番やなって思います。(キリッ)

 

そしてそんなことがあったのにうっかり癖が全然治らない私は、相当なバカやなって思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です