心が折れたとき、どうしたら復活できるの?

こんにちは。

完全に心が折れてるりりちこです。

なぜ折れてるのか?

理由はこのブログです。

 

多い時で1日3000PV、少なくても1200はあったpvが、
何回かに分けてガタガタと一気に落ちたのです。
テーマを変えたり高速化したりAMP取り入れたり、できることをすべてやったのに
下がり続ける。

これは心が折れます。(このことについてはまた別記事で書きたいと思います)

 

心が折れる時

心が折れる時ってどんな時なのか考えてみると、努力してるのに報われないとき。

どうしようもない現実が立ちはだかったとき。

これに尽きますね。

 

私の場合、最初pvが落ちた時点では、ショックだったけど心が折れることはありませんでした。
PVが元に戻るために手段を尽くして、いったん上がったかのように見えたのにまた落ちる。
しかも一度落ちて数日後、さらに落ちる。

 

なんでや!!じゃあどうしたらいいんや!!

 

そうなったときに心が折れるんですね~w

 

恋愛の場合

好きな人に告白してフラれた時「〇〇のこと全然嫌いじゃないんだけど、今は勉強に集中したいから」という理由だったから、受験が終わってまた告白した。そしたらまたフラれてその理由が「新しい学校になじむまで余裕がなくて。余裕ができたら〇〇と付き合いたいって気持ちはあるんだけど」

で結局、散々期待させた挙句、町でばったり会った時に彼女と歩いてた・・・なんだコノヤロー!!最初からその気がないって言え!!

 

勉強の場合

中3で勉強しなきゃいけないから一生懸命頑張って勉強してるけど、点数が上がらない。
でもめげずに勉強を続けてたら点数は上がってきた。でも周りもみんな勉強してるから偏差値は変わらない。
これ以上無理!!というくらい、自分史上一番頑張って勉強して最善を尽くした!!

試験当日、問題は意外と解けたし受かってると思ったら落ちた・・・

自分以下だと思ってた友だちは合格したのに・・・

 

スポーツの場合

スポーツで心が折れるのは、こういうときかな。
人一倍、練習をがんばって自分の中では少しずつよくなってきたと自覚があるのに、ポッと出て来た練習全然しない人に負けてしまったとき。
1回くらいなら「まぐれやろ」って自分を納得させることもできるけど、何度やっても負ける。
自分の今までの努力はこいつの才能に勝てないのか・・・と思った時。

 

ピアノの場合

ピアノもスポーツと似てるけど、コンクールに向けて毎日猛練習してて、自分でもこれはいけるんじゃないの??というレベルまで弾けるようになった。
先生からも太鼓判を押され、自信をもって挑んだのにへんなところでミスしてしまった。
もちろん賞は取れなかった。
でも、ほかの出場者でミスしてた子が賞を取った。
自分がミスをして賞を取れなかっただけなら心は折れないけど、同じようなミスしたのに賞を取った子がいた時

 

ダイエットの場合

今年の夏こそ絶対に痩せる!!と心に誓ってダイエットを始めた。
最初の数キロは簡単に落ちたものの、それ以降まったく落ちない。
きっと自分でちょこちょことダイエットのおきてを破ってるんだろうけど、それにしても全然落ちないどころか若干戻ってきた・・・

自分ではストイックにダイエットしてるつもりなのにまったく成果が表れないとき、折れますね。

 

 

生きてたら心が折れる出来事は必ずある

 

まぁ、生きてたらなにかしら心が折れる出来事は起こります。

 

折れていいんです。

折れたら新しい枝が出てきます。

 

私は最近、人生って自然の摂理に従って流れていくものだと悟りました。挫折にめげずに立ち向かい続けると、悟りの境地に達するのです(笑)

 

うちの庭に根を張っているクリの木なんて、台風で幹がバッキリ折れました。
めっちゃ立派なクリの実が毎年採れてたのになぁ・・・とガッカリしてたんですが
数か月後、折れたところから新しく細い幹が出てきたんです。

 

数年後にはすっかり元の状態に戻り、昔と変わらないくらい実っています。

クリの木でもめげずに生き続けてたら新しい芽が出てきたんです。

人だって同じ。ただ生きていれば、折れた心は自然と元に戻ります。

なにもしなくていいんです。

 

やまない雨はない。明けない夜はない。

 

心が折れたことに対して、特別な何かをする必要はない。

時間が解決してくれる。

 

その間に、折れた心を一刻も早く修復するための方法を考えたら、修復はより早くできます。

 

どうしたら、心の傷が癒えるのか?
どうしたら、次折れないようにできるのか?

それを思いつくまま紙に書いてみると、希望が生まれてきます。
よし、気持ち切り替えて頑張ろう!って思えるはずです。

 

心は折れてもいいけど腐らせるな

心が折れた時、わかってほしいのは、心が腐ってしまったわけではないこと。

 

腐ってしまったら、新しく出てくる芽も出てきません。
それどころか全部が枯れてしまいます。

 

だから、心が腐った状態にはならないこと。

 

心が腐るとはどんな状態かというと

腹いせに、悪意のある行動をしようと思ったり
自暴自棄になって破滅的な行動をとろうとしたり
うまくいってる人を逆恨みするような状態です。

 

心が折れてるだけの人は、負のオーラはありませんが
心が腐った人は、ものすごい負のエネルギーによるマイナスのオーラで包まれてしまい、友達も離れていくしネガティブなことばかり引き寄せてしまいます。

 

犯罪を犯す人も、たぶんちょっとした心が折れるような出来事が引き金となり、心が腐った状態になって犯罪行為に走ってしまうのではないかなと思います。

 

だから、心が折れる出来事があったら、とりあえずそのことについて思考を停止して時間が過ぎるのを待つか
打開するための具体的な方法を考えて、未来の自分に希望を持ってください!

 

私も、これを書いてたらアクセスが減ったくらいどーってことないなと思えてきました。

アクセスが減ったのたらまた増やせばいいし、大事なのはアクセスではないだろ?と思って、目の前の仕事や施策に精を出します!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りりちこです。福岡在住2児の母です♪ web制作をしてます。またwebデザインで仕事をしたい方のサポートもしてます。 目まぐるしく変化していくWebの世界で生き残っていくために、日々インプットアウトプットを繰り返しています。