フリーランスで働いてると、価格はお客さんとの交渉で決まりますよね。
そして仕事を逃したくないから、ついつい安い金額で受けたり、過剰なサービスをしてしまいがちですね。

 

でもいつまでもそのままでは、安い時給で時間を切り売りしてるのと一緒。
フリーランスになった意味が、ほとんどない。

と、先日ある方に言われました。

 

自分自身にスキルと知識があるなら、絶対に価格は下げちゃいけない。
上げなきゃいけない。と。

価格を下げることは自分の価値を自分で下げることになる。

 

価格は絶対に上げるべき

なぜ価格を上げなきゃいけないのか?
上げる必要があるのか?

 

例えば、5万円の制作を6件受けたとして30万円。
でも6件も制作を抱えてしまったら、寝る暇もないくらい忙しくなる。
結果、納期が遅れたり雑になったりする。
それはもう、どうしてもそうなる。

 

そしたらお客さんも安い金額で頼んだとはいえ、不満が残る。
人によってはクレームが出るかもしれない。

 

逆に、30万円以上の制作しか受けないと決めた場合。
5万円で頼んでた人たちは去っていく。
でも30万円で頼んでくれた人が一人でもいたとしたら
30万円の仕事だけに従事できることになる。
それだけの金額をもらっていることへの責任もあり、当然、制作のクオリティは上がる。

 

いいものができたら、お客さんも満足してくれる。
制作者も気持ちを込めて制作できるし、出来上がった時の達成感がある。

 

価格を下げることは、自分で自分の価値を下げることになる。
逆に、価格を上げることは、自分の価値を上げることになる。
それだけいいものを提供できるんだから、自信を持った方がいい。

 

ある程度、経験とスキルを積んできたのなら、安物を求める人たちを切る勇気を持つべき。

 

切った時、価値をわかってくれるお客さんが現れる。

 

安い金額で仕事をすると、軽く見られてしまう

それでも、私は安い金額でたくさん仕事がしたいんだよ!!
という人もいるかもしれない。

 

でも、安い金額で受けてるフリーランスは、仕事を頼む側も「どうせ年商1000万円未満だろうから、消費税を払う必要ないよね」
と思われてしまうことが多いし、支払い期日を過ぎても気軽に無視され、未払いが続いたりする。

 

それでもいい!
という人は、さすがにいないでしょ。

 

フリーランスのみんな!
正当な価格で勝負しよう!!